シュークのまったりポケモンカードコンプリートへの道

コレクター目線でポケモンカードを紹介

ADV 拡張パック・強化拡張パック ADVシリーズ

強化拡張パックex1 マグマVSアクア

投稿日:2017年9月12日 更新日:

XYシリーズでも専用のエキスパンション(ダブルクライシス)が登場しており、悪の組織の中ではあのロケット団に続いて何かと人気なマグマ団&アクア団。

その理由は悪の組織と呼ばれていながらも他の悪の組織と比べて根っからの悪人集団ではなくどこか憎めない魅力的なキャラが多いからな気がします。

組織のボスであるマツブサとアオギリもその目的は世界征服ではなく「ポケモンや人間が住むことができる場所を広げる」事であり、その世界に生きるものたちを想っての行為でした。
(それでもじゅうぶん危険思想ですが。。。)

その想いが暴走しすぎてホウエン地方は大惨事に見舞われてしまいましたが、最終的にはグラードンやカイオーガが巻き起こす異常気象を目の当たりにし、行き過ぎた行いを悔やんで自ら珠を返しに向かったりと、根っからの悪人では無い事が伺えるシーンもあり、ふたりともどこか人間臭さを感じるキャラクターでした。

組織の幹部や団員達もそれぞれのリーダーを慕っているようで、ゲーム中ではバトル前後の会話からその様子を垣間見る事が出来ます。

 

そんなどこか憎めない組織だったからこそ公式も専用のエキスパンションを作りたかったのかもしれません。

そんな彼らのパートナーとなるポケモン達が活躍する「ふたつの野望」はマグマ団とアクア団の魅力が凝縮されたエキスパンションになっています。

スポンサーリンク

基本情報

ポケモンカードゲームADV 強化拡張パックex1
アクアVSマグマ ふたつの野望

発売日:2003年10月24日(金)

価格:300円(税抜き)

種類:全80種類

 

「マグマVSアクア ふたつの野望」の魅力

「マグマ」と「アクア」、ふたつのタイプを併せもつカードが登場

普段は団員同士で仲の良い組織ですがやる時はやる。
彼らのパートナーであるポケモン達はこのエキスパンションでは全て格好いいCGで描かれています。
どのイラストも任務中のピリピリとした緊張感が伝わってくるようです。

 

マグマ団のポケモン

 

アクア団のポケモン

 

更にこのエキスパンションの特徴としてマグマ団とアクア団のポケモンにのみふたつのタイプを持つカードが存在します。

ふたつ目のタイプはどれも例外なく悪タイプとなっており、悪の組織のポケモンである事を強調しているようです。

 

数で攻める!マグマウィニー!!

ふたつの野望で最も有名となった戦術が、このマグマウィニーと呼ばれる戦術でした。

ふたつの野望と同時発売された構築済みデッキ マグマ団ハーフデッキWに収録されているマグマ団のグラードンを中心にベンチポケモンをマグマ団のポケモンで埋めつくし、すりつぶすでダメージを与えていく戦術です。

マグマ団のグラードン(マグマ団ハーフデッキ)

 

このマグマ団のグラードンを暴れさせるため、以下のカードでサポートします。↓

マグマ団のザングース(ADV:ふたつの野望)

なかまをよぶで山札から無色のマグマ団のたねポケモンをベンチに出す事が出来ます。
マグマ団のグラードンの攻撃発動をサポートするカードです。

 

その他にも手札 or トラッシュからマグマ団のポケモンを1枚(進化カードも可)選び出しベンチに出す事が出来るマツブサ(ふたつの野望)

自分のポケモン(ポケモンexをのぞく)に付いている全てのカードを手札に戻し全回復した状態で場に復帰させる事が出来るハギ老人の思いやり(天空の覇者)

などなど様々なカードがこのマグマ団のグラードンをサポートしていました。
この戦術は徐々にですが知名度を上げ、2004年頃には有名な戦術としてポケモンカードプレイヤー達から認知される存在へと成長してく事になります。

 

カードリスト

ADVシリーズで唯一秘密のコードが1パターンのみというコレクターからすると非常に助かるエキスパンションになっています。

No カード名 秘密のコード レアリティ
001  アーボ  QSX-UUN-GUU  ●
002  アーボック  L70-A78-JGF  ★
003  クヌギダマ  5RD-ZFB-CG3  ●
004  キモリ  EJ2-U4E-GF6  ●
005  ジュプトル  QWH-F77-6WH  ★
006  ジュカインex  2RY-XZA-D4X  ☆
007  サボネア  JFK-GWF-40P  ●
008  リリーラ  E66-NJJ-ZZB  ★
009  ユレイドルex  FXV-TZA-8FG  ☆
010  アクア団のハブネーク  5P2-5X8-JGF  ★
011  アクア団のサボネア  8DR-KC3-BH1  ◆
012  アクア団のノクタス  LH0-72E-1HC  ★
013  ガーディ  Y36-9SY-JCR  ●
014  ウインディ  8Q2-R32-7LA  ★
015  ブースター  D7S-WAN-53F  ★
016  アチャモ  FUF-HWJ-CG3  ●
017  ワカシャモ  YCB-CQ6-W7B  ★
018  バシャーモex  NL4-Z70-KFG  ☆
019  マグマ団のデルビル  SL1-9AN-8NH  ◆
020  マグマ団のヘルガー  V8T-NW8-SLA  ★
021  マグマ団のコータス  VF2-3L9-SLA  ★
022  シャワーズ  W63-SB3-8NB  ★
023  オムナイト  7L7-3VB-USB  ◆
024  オムスター  TR6-49Y-8FG  ★
025  カブト  66V-545-0AM  ◆
026  カブトプスex  C1X-VFE-KJF  ☆
027  スイクンex  0PV-LHT-3JL  ☆
028  ミズゴロウ  MQP-CB5-LPX  ●
029  ヌマクロー  0RQ-C01-13L  ★
030  キャモメ  8NQ-6DA-ESG  ●
031  ペリッパー  ZCA-2X3-725  ★
032  ホエルコ  4T8-F92-08L  ◆
033  アクア団のキバニア  XD6-DP6-B6Z  ◆
034  アクア団のヘイガニ  32H-WGE-8NH  ◆
035  アクア団のサメハダー  NSQ-PAH-6WH  ★
036  アクア団のシザリガー  WP7-BD2-JGF  ★
037  サンダース  FZ8-9AX-L0B  ★
038  アクア団のラクライ  6ZN-7M7-3WN  ◆
039  アクア団のライボルト  J4V-SF0-0U3  ★
040  エーフィ  LE9-EDD-L0B  ★
041  ラルトス  PGY-XD6-UB5  ●
042  キルリア  L66-YR0-8FG  ★
043  ヨマワル  W6K-S1Y-8QX  ●
044  マグマ団のヤジロン  2DD-ECY-TE8  ◆
045  マグマ団のネンドール  DJU-Y9G-ESR  ★
046  イシツブテ  2HE-E45-GUU  ●
047  ゴローン  QCW-FV9-JGF  ★
048  ゴローニャex  5Y2-YZD-8NB  ☆
049  イワーク  1Q3-3CN-C66  ●
050  ラグラージex  JQN-SHF-725  ☆
051  アノプス  QHM-86Y-TRG  ★
052  マグマ団のサイホーン  NJQ-2AY-TE8  ◆
053  マグマ団のサイドン  3SL-PTG-ESR  ★
054  イーブイ  EB2-H5Z-6J9  ●
055  プテラex  YMX-92E-ESR  ☆
056  ノコッチ  5K5-P3X-P1B  ●
057  マッスグマ  DGK-VP6-USB  ◆
058  オオスバメ  W07-1ND-RNZ  ★
059  エネコ  1P1-DBN-JCR  ●
060  エネコロロ  TBV-K48-DGB  ◆
061  マグマ団のザングース  51J-19X-L0B  ★
062  ブラッキー  KQH-470-8FG  ★
063  ヤミカラス  1LC-UEE-ESR  ★
064  フォレトス  DG9-19A-HD3  ★
065  ハガネール  T9H-RD6-W7B  ★
066  デュアルボール  BWL-C0K-D6H  ◆
067  なにかの化石  355-285-53X  ●
068  ワープポイント  0UM-JG5-7UX  ◆
069  ちからのかけら  ZBA-9V5-0AM  ◆
070  マグマ団のパルサー  4WE-XHF-PH1  ◆
071  アクア団のパルサー  2Y8-8AN-L0H  ◆
072  マグマ団の男  35X-AEE-65C  ◆
073  アクア団の男  0T4-1L9-DGB  ◆
074  マツブサ  E6Y-NR8-N8F  ★
075  アオギリ  AX6-UXB-0FN  ★
076  マグマ団のワザマシン01  17W-SZD-KJA  ◆
077  アクア団のワザマシン01  D43-C1Y-3V3  ◆
078  Wレインボーエネルギー  PGQ-8TA-8AG  ◆
079  マグマエネルギー  Y1U-AHB-P6Z  ◆
080  アクアエネルギー  FB9-G92-HGL  ◆

スポンサーリンク

 

 

 



-ADV 拡張パック・強化拡張パック, ADVシリーズ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

第1弾拡張パック

ポケットモンスタールビー・サファイアの発売に合わせて展開されたADVシリーズ第1弾 新たなポケモン達が多数収録されているのはもちろんの事、それ以外の要素として、今も様々なデッキの主力として活躍している …

第3弾 天空の覇者

ADVシリーズ第3弾 ルビーサファイアに登場する112番道路~120番道路が舞台になっていると思われ、えんとつやまやカナシダトンネル、デコボコ山道、ニューキンセツに生息するポケモン達が収録されています …

ポケモンカードゲームADV

ポケモンカードの6番目のシリーズ。 ゲーム版のルビー・サファイアをベースにしており、ホウエン地方に生息するポケモン達が新たにカードとなって登場します。 タイトルにもなってるADVの由来は、発売されたハ …

第4弾 とかれた封印

ADVシリーズのラストを飾るとかれた封印 パッケージにはホウエン地方に封印されている古代の伝説ポケモン、レジアイス・レジロック・レジスチルが描かれています。 薄暗い鍾乳洞に光り輝く目(?)が何とも言え …

第2弾 砂漠のきせき

ADVシリーズ第2弾 第2弾となる「砂漠のきせき」ではホウエン地方の111番道路にある砂漠がテーマになっています。 砂漠北東で入手出来る化石から復元できるポケモンや砂漠南に位置する砂漠遺跡周辺に出現す …

サイト内検索