シュークのまったりポケモンカードコンプリートへの道

コレクター目線でポケモンカードを紹介

e 拡張パック eシリーズ

第4弾 裂けた大地

投稿日:2017年8月1日 更新日:

“謎の大陸” シリーズ第3章
舞台は大陸西部一帯と前2章よりだいぶ広がっており、乾燥した大地と砂漠が広がる厳しいエリアとなっています。

タイトルにもなっている巨大な大地の裂け目や巨大クレーターとその中に出来た小さな村。
その他にも壁画の描かれた洞窟・地底湖・巨大な地上絵・ストーンヘンジなど多くのミステリースポットがあり、そこに生息しているポケモン達や人々がカードとして収録されています。

 

スポンサーリンク

 

基本情報

ポケモンカードe 拡張パック 第4弾「裂けた大地」

発売日:2002年8月23日(金)

価格:191円(税抜き)

種類:全91種類

 

「裂けた大地」の魅力

冒頭に紹介したとおり広大で非常に多くのミステリースポットが盛り込まれたエキスパンションになっています。

 

 

タイトルにもなっている裂けた大地。
その全長は不明ですがタイトルにもなっている事から相当な大きさになると思われます。

なぜ大地がこの様に裂けてしまったのかは不明ですが、地下に活火山が存在している事から過去に大きな火山活動が起きて地殻変動で大地が裂けてしまったのかもしれません。

 

 

付近には巨大なクレーターがあり、中には雨水が溜まって出来たと思われる湖と小さな村があります。
湖周辺には多くのポケモン達が涼を求めて集まっており、くつろいでいる様子を確認する事が出来ます。
村にはシャーマンや預言者といったこれまでとは毛色の異なるどことなくミステリアスな人物達が登場し、ストーリーを盛り上げています。

 

 

近くには古代人が暮らしていたと思われる壁画が残された洞窟があり、今ではポケモン達の住処となっているようです。

どうやらドードーは古代から存在するポケモンのようですね。

 

洞窟の更に奥には地底湖が存在し、水ポケモン達の楽園になっています。
更にその奥へ進むと、絶滅したはずの古代のポケモン達が静かに暮らしています。
 

 

 

空から地面を眺めると巨大な”ホウオウ” の地上絵を確認する事ができます。
先ほどの古代人達が描いた地上絵なのでしょうか?
ロマンを掻き立てられます。

 

 

詳しい位置は不明ですがこのエリアの一角にストーンヘンジらしき巨岩が並んでいる場所があります。
エスパータイプのポケモンが多く現れており、何かパワースポットのような場所なのかもしれません。

 

このストーンヘンジには伝説ポケモンのライコウも姿を現しています。
もともとライコウはホウオウの力で生まれたポケモン、何かこの場所と関係があるのかもしれません。

 

 

ミステリープレート
裂けた大地周辺で発見されたミステリープレート。
全部で3種類が確認されていてそれぞれ”砂漠” ”ストーンヘンジ” ”洞窟”
に存在しています。

 

ニュートラルポケモン
今回のカギを握るホウオウと洞窟に生息していたと思われるゴローニャとカブトプスがニュートラルポケモンとして収録されています。
洞窟にはミステリープレートがあった事から何かしらの作用がこの2匹に宿ったのかもしれません。

 

カードリスト

No カード名 ID レアリティ
001 ズバット   E-01-#  ●
002 ズバット   E-02-#  ●
003 ゴルバット   E-03-#  ●
004 レディバ   E-04-#  ●
005 レディバ   E-05-#  ●
006 レディアン   E-57-#  ★
007 レディアン
(ホロ)
E-57  ★
008 クロバット   E-58-#  ★
009 クロバット
(ホロ)
E-58  ★
010 ヤンヤンマ  E-06-#  ●
011 クヌギダマ  E-07-#  ●
012 クヌギダマ  E-08-#  ●
013 フォレトス  E-09-#  ●
014 ツボツボ  E-10-#  ●
015 ヘラクロス  E-11-#  ●
016 ブースター  E-59-#  ★
017 ブースター
(ホロ)
 E-59  ★
018 マグマッグ  E-12-#  ●
019 マグカルゴ  E-60-#  ★
020 マグカルゴ
(ホロ)
 E-60  ★
021 ニョロモ  E-13-#  ●
022 ニョロゾ  E-14-#  ●
023 ヒトデマン  E-15-#  ●
024 ヒトデマン  E-16-#  ●
025 スターミー  E-39-#  ◆
026 シャワーズ  E-61-#  ★
027 シャワーズ
(ホロ)
 E-61  ★
028 オムナイト  E-17-#  ●
029 オムスター  E-40-#  ◆
030 ニョロトノ  E-62-#  ★
031 ニョロトノ
(ホロ)
 E-62  ★
032 マンタイン  E-18-#  ●
033 ピカチュウ  E-19-#  ●
034 ライチュウ  E-63-#  ★
035 ライチュウ
(ホロ)
 E-63  ★
036 サンダース  E-64-#  ★
037 サンダース
(ホロ)
 E-64  ★
038 ライコウ  E-65-#  ★
039 ライコウ
(ホロ)
 E-65  ★
040 ケーシィ  E-20-#  ●
041 ユンゲラー  E-21-#  ●
042 フーディン  E-66-#  ★
043 フーディン
(ホロ)
 E-66  ★
044 スターミー  E-67-#  ★
045 スターミー
(ホロ)
 E-67  ★
046 ムウマ  E-41-#  ◆
047 ソーナンス  E-42-#  ◆
048 キリンリキ  E-22-#  ●
049 サンド  E-23-#  ●
050 サンドパン  E-24-#  ●
051 ニョロボン  E-68-#  ★
052 ニョロボン
(ホロ)
 E-68  ★
053 サイホーン  E-25-#  ●
054 サイドン  E-69-#  ★
055 サイドン
(ホロ)
 E-69  ★
056 カブト  E-26-#  ●
057 カブトプス  E-70-#  ★
058 カブトプス
(ホロ)
 E-70  ★
059 プテラ  E-43-#  ◆
060 コラッタ  E-27-#  ●
061 ラッタ  E-28-#  ●
062 ニャース  E-29-#  ●
063 ペルシアン  E-44-#  ◆
064 メタモン  E-30-#  ●
065 イーブイ  E-31-#  ●
066 ピィ  E-32-#  ●
067 ノコッチ  E-33-#  ●
068 ブルー  E-34-#  ●
069 グランブル  E-35-#  ●
070 ちていのかせき  E-36-#  ●
071 ブラッキー  E-71-#  ★
072 ブラッキー
(ホロ)
 E-71  ★
073 ヤミカラス  E-37-#  ●
074 フォレトス  E-72-#  ★
075 フォレトス
(ホロ)
 E-72  ★
076 エアームド  E-38-#  ●
077 すごいきずぐすり  E-45-#  ◆
078 砂漠のシャーマン  E-46-#  ◆
079 預言者  E-47-#  ◆
080 地底探険隊  E-48-#  ◆
081  水晶のかけら  E-49-#  ◆
082  ほしのかけら  E-50-#  ◆
083  ミステリープレートα E-51-a
E-51-b
 ◆
084  ミステリープレートβ E-52-a
E-52-b
 ◆
085  ミステリープレートγ E-53-a
E-53-b
 ◆
086 ミステリープレートσ E-54-a
E-54-b
 ◆
087  地底湖  E-55-#  ◆
088  ミラージュスタジアム  E-56-#  ◆
089  ゴローニャ  E-73  ☆
090  カブトプス  E-74  ☆
091  ホウオウ  E-75  ☆

 

スポンサーリンク

 



-e 拡張パック, eシリーズ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

第3弾 海からの風

ポケモンカードeシリーズ第3弾にして “謎の大陸” シリーズ第2章にあたる「海からの風」。 大陸最南端にある海底遺跡が舞台となっており、海底遺跡に眠る3つの特殊エネルギーや海底遺跡周辺に生息するポケモ …

第2弾 地図にない町

ポケモンカードeシリーズの第2弾。 第2弾の「地図にない町」から第5弾の「神秘なる山」までの一連のエキスパンションはポケモンカード初となるバックグラウンドストーリが存在しており、 カントーともジョウト …

no image

ポケモンカードe

ポケモンカードの5番目にあたるシリーズ。 他シリーズとの最大の特徴は何といってもカードの下端と左端に印刷されているeコードでしょう。 これをカードeリーダー(別売り)に読み込ませる事で様々な追加要素を …

第1弾 基本拡張パック

eシリーズの第1弾という事もあり目立った強さのカードは収録されていませんが、赤緑・金銀それぞれの御三家や人気のポケモン達が多数収録されています。 スターターパックが同時発売されており、収録されているカ …

第5弾 神秘なる山

”謎の大陸” 最終章。 舞台は大陸中央にそびえる”神秘なる山” 。 山の付近には小さな町と伝説の3鳥を祀る古代遺跡があり、3鳥をモチーフにしていると思われるミラクルスフィアが眠っています。 近くには火 …

サイト内検索