XYシリーズ コレクション

コレクター界の魔境 エラーカードについて

投稿日:2017年6月21日 更新日:

コレクター道は修羅の道
今回はコレクションの中からエラーカードのご紹介です。

ポケモンカードコレクターにも様々なタイプのコレクターがいますが、こういったエラーカードにまで手を出す方はコレクターの中でも一線を超えているコアなコレクターだと思います。

エラーカードは市販のカードと違ってどこまでをエラーカードとするのか、そのカードにどこまでの価値を見出すか等が曖昧な部分があり、完全に個人の主観でそのカードの価値が決まってくる世界になります。
下手に踏み込むと深みにはまり、延々底の見えない無間地獄へとはまっていきます。

僕自身もあまりエラーカードには力を入れていません。
チャンスがあれば入手する程度のレベルです。
(^^;)
一応明らかな印刷違い(かいりきリザードンやドヒドイデGXなど)のカードは入手するようにしていますが。

 

スポンサーリンク

 

さて前置きが長くなってしまいましたが、今回ご紹介するエラーカードはニンフィアEX
XYシリーズのコンセプトパック第3弾ポケキュンコレクションに収録されているカードです。

このカード、左と右のどちらかがエラーカードなのですが
どちらのカードのどの部分がエラーかわかりますか?

IMG_4981.JPG

わかりましたか???
正解はココ

IMG_4983.JPG

左のカードに注目
プレシャスリボンの無色エネルギーの横にエネルギーマークの跡らしきものがあるのが確認出来ると思います。
これがエラー部分です。
ちょうどニンフィアの前脚も白いのでよく見ないと見逃してしまいそうなエラーカードです。
発売直後に生産されたカードはこのエネルギーマーク跡があると思いますので是非手持ちのカードを確認してみてください。

さてここで1つ疑問が出てきます。
このニンフィアEX、両カードともに1Editionがついています。
なぜ両方共1Editionなのにこのような違いが生まれてしまったのか?
完全に憶測でしかないのですが2つの可能性が考えられます。
①実は密かに再販されていた
②生産の途中でミスに気づいて修正された
このどちらかかと思いますが、僕的には②の方ではないかと思っています。
他のコンセプトパックは再販が無いのに、ポケキュンコレクションだけニンフィアEXの為だけにこっそり再販するとは思えません。

なので根拠は全くありませんがこのニンフィアEXは初回出荷分のどこかのタイミングで間違いに気づいて修正し、そのまま生産されたカードだと思われます。
初回生産といってもそれなりの枚数を印刷するだろうし、倉庫で順番待ちをしていた分が今になって出荷され始めたのでしょう。
僕自身もこの修正されたカードは発売後少し経って購入したパックから引き当てました。
なので今出回っているポケキュンコレクションからは修正されたカードを引き当てる事が出来る可能性が高いと思われます。

普通のコレクターの方からしたらスルーしてしまうようなカードですが
我こそはというガチコレクターの方がいれば是非とも入手してみてはいかがでしょうか。
それではまた
(^^)ノシ

 

スポンサーリンク

-XYシリーズ, コレクション
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

お値段20万円!! 純金ピカチュウカード

今回はコレクションのご紹介 。。。とは言っても僕の中でコレをカードと見なしていいのかよくわからないのですが、形状はカードなのでご紹介します。 当時はかなり衝撃的な発表だったので憶えている方も多いのでは …

世界に1枚 イラストレーターサインカード

コレクションを長く続けていると他のコレクターが持っていないようなカードが欲しくなるのはコレクターの性ではないでしょうか? そんな僕が1コレクターとしてたどり着いたのがサインカードでした。 カードのイラ …

世界に100枚! ポケモンアートアカデミー『ピカチュウ』ご紹介

今回はコレクションのご紹介です。 ご紹介するのはXYシリーズのプロモの中でも入手困難とされているカードの1つ、ポケモンアートアカデミーの入賞プロモからピカチュウになります。   スポンサーリ …

世界に100枚! ポケモンアートアカデミー『ヌメラ』ご紹介 

今回はコレクターらしくコレクションのご紹介です。 ご紹介するのはXY時代に発売された3DSソフトポケモンアートアカデミーのイベントとして開催されたイラストコンテストの入賞プロモからヌメラになります。 …

【Call of Legends】海外オリジナルカードに想いを馳せて 後編

日本とは一味違ったイラストが多数収録されている『Call of Legends』 今回も収録されている海外オリジナルカードから何点かご紹介させていただきます。 日本のカードではあまり見かけないような構 …